1950年代に女子プロ野球(準硬式)が発足、その後実業団へ移行し1971年に自然消滅。
1970年代に女子軟式野球ブームが到来するが,当時女子野球は社会的に認知されず1977年自然消滅。
1988に関東女子軟式野球連盟、1990に全日本女子軟式野球連盟が結成され今日に至る。
1994年に(財)全日本軟式野球連盟 や六大学が女子選手に門戸を開く。
2000年5月1日には女子硬式野球の国際試合も日本で開催されている。
2014年には宮崎県で女子硬式野球の「ワールドカップ」が開催されることになっている。
以下、太字部分は現全女連の活動実績である。

   
1917.11 今治高等女学校(愛媛県)が野球部を創設。
1919.春 名古屋市で「高等女学校野球大会」を開催。
1938.10 カリフォルニア州女子軟式野球団が来日、各地で親善試合。
1947.8 横浜市でオール横浜女子野球大会を開催。
1949.5 女子プロ野球チーム『ロマンス・ブルーバード』を結成。
1950.3 ロマンス・ブルーバード、レッドソックス、ホーマー、パールスの4球団で日本女子野球連盟を結成。4月〜女子プロ野球ブーム。最盛期には全国で約25チーム。
1952 女子プロ野球が社会人野球に移行。
1959.4 日本女子野球連盟を解散し、日本女子野球協会が発足。
1971.3 プロ野球からノンプロ(社会人)と続いた女子野球は自然消滅。
1977 全日本女子野球協会設立。
1980 神戸山手女子短期大学が野球部を創設。
1982 全日本女子野球協会自然消滅。
1987.8 全国大学女子軟式野球連盟を結成。第1回全国大会開催(本年16回)。
1988(S.63.3) 関東女子野球連盟を結成。第1回関東大会(春・秋)開催(本年15回)。
1989(H.1.8) 関女連選抜と西日本連盟(現関西連盟)選抜親善試合開催。全国組織へ。
1990(H.2.8) 全日本女子軟式野球連盟を結成。第1回全国大会開催(本年13回)。
1991(H.3.10) プロ野球オリックスの入団テストに2人の女性が挑戦(不合格)。
1992(H.4〜) 関女連選抜と全国大学女子軟式野球連盟親善試合。
1994(H.6.2) 全日本軟式野球連盟が小・中・高・一般の女子の参加を承認。
1994(H.6.4) 東京六大学が女子学生に門戸を開放。
1995(H.7.1) アメリカ女子プロ野球チーム「シルバーブレッズ」の入団テストに3名挑戦(不合格)。
1995(H.7.10) 第1回ジャパンカップ(全女連優勝vs全国大学女子優勝)を開催(本年8回)。
1996(H.8.6) 第1回全国選抜北海道大会を開催。1999〜地区大会へ移行。
1999(H.11.4) 全日本硬式チーム「エネルゲン」が渡米。
1999(H.11.5) "ワールドベースボールウィークインジャパン"に全女連初参加。
2000(H.12.5) 第1回日米女子硬式野球大会開催(西武ドーム)。
2001(H.13.春) 東京六大学リーグ戦で、明大vs東大で初の女性投手対決。
2001(H.13.7) 第1回女子野球選手権をカナダ・トロントで開催。
2001(H.13.8) 久留米商業高等学校チームが初参加。
2002(H.14.8) ピンクリボンキャンペーン(乳ガン啓蒙支援活動)を推進。
2003(H.15.8) 第1回全国高等学校女子軟式野球選手権大会を開催。
2004(H.16.8) 第15回記念大会実施。一般の部48チーム。高校生の部5チームが参加。
2009(H.21.8) 第20回全日本女子軟式野球選手権大会を開催
2010(H.22.4) 国内で女子プロ野球開幕。(京都アストドリームス、兵庫スイングスマイリーズ)
2011(H.23.8) 一般の部32チームに加え中高生の部15チームが大会に参加。
2011(H.24.7) 女子学童軟式野球大会「東京都知事杯」を開催(第1回)
2013(H.25.8) 学童女子軟式野球「NPBガールズトーナメント2013全国大会を開催(第1回)
2014(H.26.1) 全日本女子軟式野球連盟が公益財団法人 全日本軟式野球連盟に加盟
2014(H.26.8) 第25回 全日本女子軟式野球選手権大会(一般の部、中高生の部:記念大会)を開催予定